薩摩焼は慶長3年薩摩藩主島津義弘公によって製陶させられ 400年余りの今日も数多くの窯元が作陶に励んでいます。
薩摩焼は大別して 白薩摩と黒薩摩があり 白薩摩は象牙色の生地に細かな貫入があり金襴手の絵付けが美しく世界中から称賛を浴びるほどの美術工芸品です。もっぱら藩主専用品として造られ 献上品や
薩摩藩からの進物として使われました。
一方 黒薩摩は一般庶民の日用雑器として造られ釉薬は火山灰や鉄釉を中心に色合いは多彩にわたり用と美を兼ね備えた実用品として今日も親しまれております

薩摩焼の話

トップへ

白じょか

写真は白じょかと 黒じょか と言い 焼酎を燗する道具として古くから薩摩で使われてきました。
黒じょかは耐火性があり火にかけられますが白じょかは金彩を使っており耐火性もないため火にはかけられません。

黒じょか